BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

インフルエンサーマーケティングとは?基礎から活用事例まで徹底解説

インフルエンサーマーケティングとは?基礎から活用事例まで徹底解説

SNS上でフォロワーを多く抱えるインフルエンサーを活用した自社サイトや広告キャンペーンの活用が増えています。

今回は、インフルエンサーマーケティングに興味のある企業様向けにインフルエンサーマーケティングの基礎から応用まで詳しく解説していきます。

 

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で多くのフォロワーを抱え、影響力を持つインフルエンサーを活用し、消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法です。

インフルエンサーに企業の商品やサービスを実際に利用してもらい、SNS上で宣伝することで、拡散されることが狙いの一つです。

従来のマス広告のような企業が直接消費者に対して発信するマスアプローチではなく、コミュニティアプローチであることが特徴です。

インフルエンサーマーケティングの役割

インフルエンサーマーケティングの役割

  • 特定の利用者と双方向でのコミュニケーションが可能
  • 中長期での特定の利用者との関係構築を得意とする
  • 利用者の本音の会話を聞くことができる
  • 利用者の口コミが想像以上に拡がることがある

インフルエンサーマーケティングは、マスマーケティングではできなかったことに活用することが重要です。

利用者の会話にいかに参加していくかというアプローチが欠かせません。

もしインフルエンサーマーケティングによるPRをご検討中でしたら、GDTのインフルエンサーマーケティングサービスもありますので、お気軽にご相談ください。

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングのメリット

メリットの一つに、ターゲットに効率的にリーチできることです。

例えば、10代の女子高生に影響力がある読者モデル、20代の働く女性の憧れる存在のように、特定の層から支持されているインフルエンサーを起用することで、共感性の高いコンテンツを生み出し、質の高い口コミや投稿が拡散されやすくなります。

ネット上で口コミが綺麗にまわると、宣伝費をかけなくても、ファンを増やすことができることもメリットです。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

投稿に広告やPRと明記されてない場合にやらせと同様のリスクがあります。

また、会話のコントロールは不可能なので、宣伝が炎上するケースもあります。

インフルエンサーマーケティングで注意したいこと

インフルエンサーマーケティングで注意したいこと

ネットの口コミは短期で拡がると思われがちですが、ネットの話題がマスの話題になるには年単位で時間がかかります。

マスメディアは、短期的に話題を盛り上げることが得意ですが、ソーシャルメディアは、短期間の話題盛り上げは苦手です。

中長期でファンを増やすことがソーシャルメディアが得意な領域です。

 

インフルエンサーマーケティングの成功ポイント

インフルエンサーマーケティングの成功ポイント

インフルエンサーマーケティングの成功ポイントは、シェアを起点に考えます。

Share(情報共有)→Action(購買)→Search(検索)→Interest(興味)→Attention(認知)→製品を知らない

一方従来のマスマーケティングの流れは、Attention(認知)→Interest(興味)→Search(検索)→Action(購買)→Share(情報共有)と広告の露出を中心に、ターゲットを購買へ流すAISASが主流でしたので、真逆なことがわかります。

マスの認知より、ひとりの気持ちが動くか(シェアしたくなる)かどうかを重視しないと失敗します。

GDTのインフルエンサーマーケティングでは、ファンやインフルエンサーの口コミを軸に評判が広まる仕組みを構築することで、全体のマーケティングの最適化に貢献することを重要視しています。

 

インフルエンサーマーケティングの効果測定方法

インフルエンサーマーケティングの効果測定方法

実施したインフルエンサーマーケティング施策の効果測定で必要なことを紹介しておきます。

効果測定の方法も従来のマスマーケティングとは変える必要があります。

カスタマーエンゲージメント

エンゲージメントとは、SNSにおいてユーザーが投稿に対して反応を示した割合を示す値です。

エンゲージメントが高ければ高いほど、ユーザーの愛着度が高くなります。

エンゲージメントの計算方法は、アクション(クリック・いいね・フォロー・リツイート・返信・コメント・シェア)÷インプレッションの総数で算出されます。

インフルエンサーマーケティングの活用事例

i9.jpg

インスタグラムマーケティングの活用事例を紹介します。

ダニエルウェリントン

ダニエルウェリントンは売上220億円(2016年)以上ある世界的な時計ブランドです。

セレブとして有名な、Kendall Jennner(ケンダル・ジェンナー)やKylie Jenner(カイリー・ジェンナー)、男性モデルのLucky Blue Smith(ラッキー・ブルー・スミス)、日本では、タレントでモデルのローラなどをインフルエンサーとして採用していることで知られています。

また数万から数十万のマイクロインフルエンサーも起用しています。

インフルエンサーは、無料で時計をもらい、時計が写り込んだ写真を15%の割引クーポンとハッシュタグ#danielwellington付きで投稿します。

投稿を見たフォロワーは、その写真のクーポンコードを使用し、公式サイトで割安で時計を購入することができます。

ハッシュタグ付きの投稿数は、150万以上あり、ダニエルウェリントンの公式アカウントで、#danielwellingtonのハッシュタグのついた投稿から良質な写真を選抜し掲載しています。

GDTのインフルエンサーマーケティングサービス

GDTのインフルエンサーマーケティングサービス

GDTでは、マスマーケティング的な一方通行のマーケティングではなく、ファンやインフルエンサーを中心とした「ひとりの気持ち、ひとの気持ち」を大切にしたマーケティングを考えます。

新作や、季節の商品、お店のイベントなど絞り込んだ情報を拡散したい際に有効的です。

ターゲットの選定やPR方法によって爆発的な拡散力と影響力を得られるサービスです。

GDTでは、ブランドに適したインフルエンサーをキャスティングし、投稿までの管理・サポートを行います。

目安となる料金は、フォロワー×1-2.5円などギフティングや訪問など状況によって変動します。

より詳細な情報をお求めの方はお気軽にこちらからご連絡くださいませ。

この事業についてもっと詳しく知りたい方へ

SNS活用コンサルティング&アカウント運用支援のページへ

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク