BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

エントリーフォーム最適化(EFO)とは?

エントリーフォーム最適化(EFO)とは?

EFOは、CVRを高めるために必要な改善施策です。

今回は、EFO(エントリーフォーム最適化)で成果を出す方法を解説していきます。

 

EFOとは

EFOとは

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化とも呼びます。

Webサイトの入力フォームの入力率を高め、通過させるための対策のことです。

入力フォームはできるだけ、ユーザーの負担を減らすことがポイントとなってきます。

EFOでCVRが上がる理由

EFOでCVRが上がる理由

売上や問い合わせを増やしたい場合に即効性があるのがEFOです。

なぜなら、ページから入力フォームへの遷移率が低い場合は、入力フォームに何らかの課題があるといえます。

入力フォーム内の項目数に問題があるのか、必須の入力項目が多いためかなどの課題が挙げられますが、入力フォーム自体の課題は、ヒートマップ分析によるクリック率やスクロール率、注目度から抽出していきます。

EFOが必要な離脱率が高いフォームの特徴

EFOが必要な離脱率が高いフォームの特徴

ユーザーがエントリーフォームから離脱する理由は大きく3つです。

エントリーフォームから離脱する理由

  • フォームの記入事項が多く、面倒になり離脱
  • エラーが表示されたがどこがエラーか分からず離脱
  • フォーム記入中の操作により、入力内容が消えてしまい離脱

主な理由をあげました。

次に、 弊社が、クライアントの入力フォームを解析して分かった、離脱の多い入力フォームの特徴も紹介します。

①入力項目が多い

必要以上に入力項目が多いと、ユーザーのストレスになります。

②入力フォームが小さい

スマホユーザーが多いサイトの場合、ユーザーは入力フォームが小さいと入力が難しく、ストレスを感じ離脱が多くなります。

③リンクやバナーが多い

入力フォームに別リンクがあると、離脱する可能性が高くなります。

間違ってクリックしてしまうこともあります。

④エラーの度に再入力する項目が多い

ユーザーが入力ミスすることは多いです。

再入力するときに、再度入力する項目が多いとそのまま離脱してしまいます。

エラーのアラートは、入力した段階で表示させるのがベストです。

すべての入力して確認ページでエラーを表示させるのはユーザーのストレスになります。

 

CVRが高くなるEFO施策

CVRが高くなるEFO施策

それでは、入力フォーム改善のチェックポイントを見ていきましょう。

入力項目数を減らす

入力項目の数はコンバージョン率に大きく影響し、項目数を減らすことは有効な方法になります。

入力項目のどの部分から離脱が始まっているのか、ヒートマップ分析で確認しましょう。

入力項目を増やす

コンバージョン数を絞ってでも質を重視し、ユーザーからどうしても取得した情報がある場合は、あえて入力項目を増やす考えもあります。

必須項目を減らす

入力項目と同様、必須項目が少ないほどユーザーの入力の負担を減らすことができます。

本当にこの項目が必須であるか見直してみましょう。

エラー入力時のエラー内容の見直し

ユーザーの入力忘れや入力漏れがあった場合は、エラー箇所をわかりやすく知らせる必要があります。

メッセージ内容や表示箇所、入力ボックス自体の色が切り替わるなど、ユーザーに伝わりやすい状態になっているか検証しましょう。

フォームデザインの縦幅を縮める

同じ入力項目の数でも、一列ごとの縦幅を短くすることで、フォーム全体が短くなり、ユーザーが感じる負担が軽くなります。

ただ、ユーザーの年齢層によってはフォームが小さいすぎると入力しづらい可能性もあるので、ユーザー層に合わせてUIデザインを検討する必要があります。

ボタンデザインを変更する

入力後に次のステップに進むボタンが押されていないなどは、「カラー」、「サイズ」、「装飾」、「ボタン上のテキスト」という4つの要素に対して、デザイン検証を行います。

ボタンデザインを変更する

入力後に次のステップに進むボタンが押されていないなどは、「カラー」、「サイズ」、「装飾」、「ボタン上のテキスト」という4つの要素に対して、デザイン検証を行います。

入力例を追加・変更する

フォームでは、一般的にユーザーの入力を補助するために入力例が記載されます。

入力例がすでに記載されている場合、内容が分かりづらくないか、記載する位置は適切か検証してみましょう。

入力例がない場合は、挿入位置も含めて追加するかどうか検討します。

 

EFOのWeb解析方法

EFOのWeb解析方法

ユーザーがなぜ入力フォームで離脱したか解析する方法をご紹介します。

今回は、Googleアナリティクスを使用します。

直帰率と離脱率、滞在時間について確認する

直帰率、離脱率、滞在時間は、Googleアナリティクスの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」から確認いただけます。

直帰率と離脱率、滞在時間について確認する

直帰率は、サイト訪問者が1ページしか閲覧せずに他のサイトへ移動したセッションの割合を示します。

ページの滞在時間の長さはコンテンツをどの程度読んでくれたかに比例すると推測できます。

滞在時間は、今見ているページの閲覧開始時刻と次に見るページの閲覧開始時刻の差分から算出していますので、入力フォームのページを最後に離脱した場合は、測定されず0秒となります。

離脱率は、すべてのページビューの中で、そのページが最後に閲覧したページになった割合を示します。

3つの指標から分かること

直帰率が低く、滞在時間が長いページは、しっかりページを読んで、サイト内の別ページへ遷移したことを示すので、一般的に優良なコンテンツとなります。

逆に、直帰率が高くて、滞在時間が短いページは、改良する必要があります。

入力フォームページの場合は、サイトを巡回し、フォームのページにたどり着くことが多いので、離脱率の方が重要になります。

離脱率が高く、滞在時間が短い場合は、ページ訪問後フォームを送信することなく、すぐに離脱したと推測できます。

離脱率が高く滞在時間が長い場合は、入力のアクションをとったか、入力したならばどの項目まで入力したかを見る必要があります。

Googleアナリティクスのイベントトラッキングの「onfocus」を使い、どの項目まで入力したか取得することができます。

onfocusを使用して取得できる要素には下記があります。

onfocusを使用して取得できる要素

  • a要素
  • area要素
  • button要素
  • input要素
  • label要素
  • select要素
  • textarea要素

設定の仕方は、以下の図の通りです。

input type="text" onfocus="ga('send','event','input','form','name');"


イベントハンドラ どのイベントを発生させるか指定します。今回は「onfocus」とします。
カテゴリ(必須) イベントを分類するための名称をつけます。(download、linkなど)。今回は、「input」とします。
アクション(必須) カテゴリに対するユーザーの行動を記載します。(pdf、linkなど)。今回は、フォーム内のデータを取りたいので、フォームの名前「form」とします。
ラベル(任意) アクションの詳細を任意で記載します。ここでは、フォームの項目名を設定します。

レポートは、「行動」→「イベント」→「上位イベント」で表示することができます。

ラベルのユニークイベント数が項目が進む毎にどれくらい現象しているかを見ることで、どこの項目までフォーカスしたのか取得することができます。

GDTのランディングページ制作・運用サービス紹介

GDTのランディングページ制作・運用事例紹介

GDTは、ランディングページの制作・分析・改善を通じて、コンバージョン率向上を最大限に支援しています。

魅力が伝わるランディングページの制作では、情報デザイン力とCV率の高さが特徴です。

PCからスマホ対応まで、様々な業種・目的別のランディングページ制作・改善実績を持っています。

制作後も、サイト・LPの分析・改善・検証をし、コンバージョン改善をフルサポートします。

より詳細な情報をお求めの方はお気軽にこちらからご連絡くださいませ。

まとめ

まとめ

エントリーフォームで重要なのは、ストレスなくユーザーにコンバージョンしてもらうことです。

今回紹介したGoogleアナリティクスで離脱率や滞在時間、直帰率を確認して入力フォームの項目を見直してみましょう。

この事業についてもっと詳しく知りたい方へ

Web制作のページへ

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク