BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

高品質なコンテンツSEOって何!?

高品質なコンテンツSEOって何!?

コンテンツSEOには、量よりも質が求められています。

Googkeのガイドラインに沿った高品質なコンテンツ作成についてご紹介します。

 

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、コンテンツを利用して自然検索で上位表示する手法です。

しかし、上位表示を意識しすぎると、ユーザーに価値のあるコンテンツを作ることより上位表示するためにコンテンツを作ることになってしまいます。

コンテンツSEOの本質は、ターゲットユーザーが求める良質なコンテンツを提供することで、結果的に検索エンジンで上位に表示されることを目指すことです。

単独のコンテンツでは最大の効果を生むむことはできません。

顧客の検討プロセスに合わせて、コンテンツを組み合わせることで、段階ごとに顧客の興味に応じたコンテンツを提供することです。

コンテンツSEOのメリットとデメリット

コンテンツSEOのメリットとデメリット

コンテンツSEOのメリットとデメリットについてご紹介します。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOのメリット

  • サイトへの集客に効果的
  • 制作コストが安い

コンテンツSEOのメリットは、見込み顧客に向けたコンテンツを低コストで作成し、集客できることです。

サイトリニューアルに300万円かけるなら、その金額でコンテンツを1年間提供し続けるほうがいいケースもあります。

集客数やコンバージョン率の向上に効果を期待できます。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOのデメリット

  • 低品質なコンテンツは逆効果
  • 効果までに時間がかかる
  • 手間と時間がかかる

コンテンツSEOの効果が出るには、3ヶ月ほどかかります。

また、質より量を追い求めてしまうと、Googleから低品質評価をされてしまい、他のコンテンツも上位表示されにくくなる可能性もあります。

高品質なコンテンツの提供やコンテンツの制作には手間と時間がかかります。

コンテンツSEOで、成果を出すには、長期的な取り組みが必要です。

最低でも6ヶ月、できれば1〜2年くらいは腰を据えて取り組む姿勢が求められます。

Googleのコンテンツ品質ガイドライン

Googleのコンテンツ品質ガイドライン

Googleには、「Google検索品質評価ガイドライン」があります。

この中で、重要な点をまとめます。

ユーザーの求める情報を適切な量で提供する

ページの目的に応じて、「質」「量」「利便性」のバランスが大切です。

ページの目的に応じて、ユーザーが迅速かつ最低限の手間で目的を達成できるコンテンツが理想です。

情報が少なくてもダメですが、ユーザーの需要にない詳細を書いても情報過多になってしまいます。

ユーザーが必要な量に要約し、詳細は別ページに掲載したほうが良いです。

高品質で、信頼できる情報を提供する

信頼性に欠けていないか、まとめ記事ではないか評価するE-A-Tという品質制度があります。

E-A-Tとは

  • Expertise:(コンテンツ作成者に十分な専門知識がある)
  • Authoritativeness:(コンテンツ作成者やウェブサイトがその分野の権威である)
  • Trustworthy:(コンテンツ作成者やウェブサイトが信頼できる)

健康アップデートがあってからは、ユーザーの健康や財産など「YMYL(Your Moeny, Your Life)」に関わるコンテンツには、E-A-Tが特に求められています。

YMYLコンテンツ一覧

  • 商品販売・金銭取引
  • 資産情報
  • 健康・医療
  • 法律
  • ニュース

ユーザービリティ

操作しにくい、読みにくい、表示スピードが遅いなどユーザーが読んでいてストレスを感じる場合は、評価されません。

サーチコンソールを連携していれば、アラートで改善案を出してもらえますので修正しましょう。

高品質コンテンツの作成手順

高品質コンテンツの作成手順

高品質コンテンツを作成するプロセスを紹介します。

①コンテンツマーケティングの戦略設計

戦略設計には6つのステップがあります。

6つのプロセス

  • 目的の設定
  • 環境分析
  • ペルソナ設計
  • コンテンツ設計
  • 運用体制
  • 効果測定

目的の設定

戦略設計の最初に、目的とゴールを設定します。

環境分析

目的を定めたら、次に現状を把握します。

実現したいゴールに向けて、何ができていて、何ができていないのか。

業界動向、市場動向や競合の取り組みといった外部環境のみならず、自社顧客へのアンケートやインタビュー、営業部門やサポート部門からのヒアリングなどから内部環境も分析します。

この段階で、顧客が求めている情報は何か、コンテンツマーケティングによる情報発信のテーマはどうするべきか検討します。

ペルソナ設計

自社の製品やサービスを買ってほしい顧客層を具体的にモデル化します。

年齢や性別、家族構成、居住地、職業、収入、趣味、性格、ITリテラシーや情報収集傾向などを設定し、コンテンツマーケティングを通して情報を届けたいターゲットを明確にします。

コンテンツ設計

ペルソナが、どのような体験を通して潜在的だったニーズを顕在化させ、購買に至るのか。

そのプロセスを検証することで、「いつ、どんなコンテンツを提供することで、顧客の態度変容を促すか」設計します。

また、どう届けるかを考える発信チャネル戦略の検討も重要です。

運用設計

コンテンツSEOは、長期にわたり継続するため、運用体制の構築が非常に重要です。

あらかじめチーム作りと仕組み化しておかないと、継続的に運用していくことが出来ませんので注意しましょう。

効果測定

コンテンツは作って終わりではありません。

それぞれ狙いをもったコンテンツがどのような成果をあげ、マーケティング目的の達成にどう貢献したのかコンバージョン率や費用対効果などの測定と検証を行います。

SEO評価を下げる低品質コンテンツ

SEO評価を下げる低品質コンテンツ

低品質コンテンツは、サイトから削除またはnoindex設定するか、リライトが必要です。

低品質コンテンツ例

  • コピーコンテンツ
  • 専門性が低い
  • 広告が多い
  • サイト内の他ページと差異がない
  • SNSでの情報共有がない
  • 内容が乏しい

低品質コンテンツとGoogleから評価されてしまうと、サイト全体に影響されてしまいます。

コンテンツを増やしているに、上位表示されない、過去のコンテンツの評価を確認していない、コンテンツの品質を意識していない方は、品質改善する必要があります。

GDTのコンテツマーケティングが選ばれる理由

GDTのコンテツマーケティングが選ばれる理由

GDTでは、SEOに強く、高品質なコンテンツマーケティングサービスを提供しています。

コンテンツマーケティングでこんなお悩みありませんか?

コンテンツマーケティングのお悩み

  • 自社の商品、サービスをもっと売りたい、広めたい
  • 資料請求数を増やしたい
  • ソーシャルを活用して情報発信したい
  • 取材形式で導入事例を作りたい

上記に一つでも当てはまる企業様はGDTにお任せください。

サービス提供を通じて、以下の点を改善できます。

改善ポイント

  • 自然検索流入の増加
  • エンゲージメントの向上
  • コンバージョン率(CVR)の改善

GDTを活用するメリット

メリット

  • 高品質なコンテンツ
  • SEOに強いコンテンツ
  • CVR最適化
  • 安定した進行管理

高品質なコンテンツ

専門家による執筆、監修体制も配備しているため、高品質コンテンツを可能にします。

月間生産体制1000記事、年間1万記事以上対応可能です。

SEOに強いコンテンツ

実績とノウハウを持つWebマーケティングチームが、Googleのガイドライン、アルゴリズムの分析把握と戦略を立案します。

キーワード、施策サイトに応じた的確なコンテンツ提案を行います。

CVR最適化

集客だけでなく、CVを生むコンテンツ作成を得意としています。

ヒートマップやABテストツールによるユーザー行動解析を実施。

投下コンテンツに対する継続的なPDCA運用によりCVRの改善を実施。

安定した進行管理

専任ディレクターが企画から納品まで一貫して対応します。

Webマーケターとコンテンツディレクターによる2名のフロント体制で徹底した校正・品質管理をしております。

コンテンツマーケティングに関することであれば、お気軽に無料でご相談ください。

効果の高い施策をご提案いたします。

メールでのお問い合わせはこちらから

今後のSEOコンテンツの方向性

今後のSEOコンテンツの方向性

Googkeのガイドラインに沿ったコンテンツ作成が必要になっています。

ユーザーの求める情報を適切な量で提供する、E-A-T、ユーザビリティをもう一度確認してみましょう。

この事業についてもっと詳しく知りたい方へ

コンテンツマーケティングサービスのページへ

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク