BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

[リスティング広告]BtoB事業の方必見!広告運用を始める際の5つのポイント

[リスティング広告]BtoB事業の方必見!広告運用を始める際の5つのポイント

リスティング広告は、BtoC、BtoBビジネスで戦略が異なってきます。 BtoBリスティング広告には出稿時のポイントがあります。 この記事では、BtoB向けリスティング広告を出稿するときに知っておきたい5つのポイントを紹介します。

リスティング広告媒体の選び方

BtoBの商品の場合Facebook広告や、Google検索広告と相性がいいです。

ターゲットとなるユーザーは、法人の意思決定のある部長や役員の方です。

この方たちがよく使う媒体に配信するのが効率的です。

リスティング広告は、セグメント配信設定がおすすめ

また、Google広告やFacebook広告は、細かくセグメント配信ができるのも特徴です。

デバイス、時間、地域、性別、年齢、興味関心などセグメントを設定することもお勧めします。

営業エリア、営業時間に合わせて広告配信するのもおすすめです。

指名検索ワード配信

指名ワードはBtoB、BtoC問わずCVRが高いので、クリック単価を低めにして配信しましょう。

CVキーワードの配信

BtoBのリスティング広告の二つ目のポイントは、CVキーワードの配信です。

BtoBの場合のコンバージョンに近いキーワードは、価格や、事例、口コミなどが挙げられます。

コンバージョンポイントは、資料請求や問い合わせなどですので、CVから遠いキーワードはCVRが低くなります。

より検討度合いが高いと思われるキーワードに対して重点的に広告出稿することで、より費用対効果の向上が期待できます。

リマーケティング広告

BtoBのリスティング広告の三つ目のポイントは、リマーケティング広告です。

BtoB商材は、BtoC商材に比べて、比較検討時間が長いのが特徴です。

リマーケティングの配信と相性がいいため、リマーケティング広告の配信もおすすめします。

KPI設定

BtoBのリスティング広告の四つ目のポイントは、KPI設定です。

広告配信する上で、CPAを設定しましょう。

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略で、顧客獲得単価を意味する略語です。

1人あたりいくらかけるか広告配信前に決めましょう。

CPAを設定しておくことで、効果がどうなのか、自動入札設定をする際にも役立ちます。

競合調査を踏まえ、自社の強みをクリエイティブに活かす

BtoBのリスティング広告の四つ目のポイントは、クリエイティブ訴求です。

広告出稿前には、競合がどのような文言で出稿しているかチェックしておきましょう。

BtoBの場合、ターゲットとなる法人はサービス利用前に競合から資料請求して比較して、決済担当者に提案する流れが多くあります。

その時に、自社商品の特徴やペルソナを明確にしておくと、無駄名クリックを省き、刺さりやすくなります。

まとめ

この記事では、BtoB向けリスティング広告を出稿するときに知っておきたい5つのポイントを紹介しました。

記事で解説したように、BtoBのリスティング広告には、ポイントがあります。

お仕事の依頼はこちらから

https://www.gdtjp.jp/contact/service/

Webマーケティングマップを活用しよう

7日間の無料トライアルはこちら

https://webmarketing-map.com/

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

オンライン無料相談

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク