BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

パンくずリストはSEOに有効か?実装方法など解説

パンくずリストはSEOに有効か?

こんにちは、GDT代表の熊澤です。

本日はSEO対策の一つ「パンくずリスト」について説明します。

パンくずリストとは?

パンくずリストとは?

パンくずリスト(Breadcrumbs list)とは、Webサイトの構造を視覚的に表し、ユーザーがどこにいるか示すリンクです。

名前の由来は、童話「ヘンゼルとグレーテル」で、迷子にならないように、パンをちぎって道に置いて帰り道をわかるようにしたのが由来と言われています。

パンくずリストのメリット

パンくずリストを設置するメリットは大きく3つあります。

  • ユーザビリティ向上
  • 内部SEO対策
  • 検索結果でのクリック率の向上

ユーザビリティ向上

ユーザーに現在いるページの位置が確認でき、戻ったり、進んだりする手助けをします。

結果として、直帰率を下げ、回遊率が上がり、コンバージョンにもつながりやすくなります。

内部SEO対策

パンくずリストがあることで、クローラーに認識しやすくします。

クローラーの巡回を助けることは、検索エンジンに対して正しくWebサイトの構造を伝えSEO効果が期待できます。

対策キーワードを含んだカテゴリであれば、検索エンジンに関連性を伝えることになります。

検索結果でのクリック率の向上

検索結果の表示画面で、構造化されたパンくずリストが設置されていると、タイトルの上にパンクズも表示されます。

表示面積が増えるため、CTRが上がります。

パンくずリストの情報をより確実に伝える方法

パンくずリストの情報は構造化データを利用するとより確実にGoogleに伝えることができます。

Googleでは構造化データの利用を推奨しています。

検索のパンくずリストは構造化データが優先される

現在、ほとんどの検索結果のURLにはパンくずリストが表示されます。

パンくずリストを構造化データでマークアップしていない場合、

Googleは自らの判断でパンくずリストを識別しようとします。

一方、構造化データをサイト管理者がページに追加している場合は、その情報にしたがってパンくずリスト情報を識別できます。

ページに表示されているパンくずリストと構造化データで指定したパンくずリストが異なっている場合、構造化データのパンくずリストをGoogleは通常優先処理します。

https://developers.google.com/search/docs/data-types/breadcrumb?hl=ja

構造化されたパンくずリストの作り方

構造化されたパンくずリストの作り方

パンくずリストには、schema.orgを利用します。

推奨は、JSON-LDでのマークアップです。

idにURLを入れ、nameにタイトルが入ります。

まとめ

構造化データはSEOの必須スキルです。

お仕事の依頼はこちらから

https://www.gdtjp.jp/contact/service/

Webマーケティングマップを活用しよう

7日間の無料トライアルはこちら

https://webmarketing-map.com/

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

オンライン無料相談

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク