BLOG ブログ

デジタルマーケティングにおけるお役立ち情報やトレンドなどをお届けします。

  • カテゴリ:集客・広告
  • 2019.03.30(最終更新日:2019.03.30)

リスティング広告アカウントを変更したい方へ

リスティング広告アカウントを変更したい方へ

Web広告の需要が高まっている中、リスティング広告の運用を代理店に依頼している企業も多いです。

しかし、代理店との関係が良くない、費用対効果が得られないなどの問題もよくあります。

今回は、リスティング広告のアカウント乗り換えのポイントや注意点をご紹介します。

 

代理店を乗り換えたら成功する?

代理店を乗り換えたら成功する?

乗り換えを考えるきっかけとして、下記が多いです。

乗り換えのきっかけ

  • 提案がない
  • ミスが多い
  • コミュニケーション頻度が少ない

成果を改善するためには、日々改善施策を運用していく必要があります。

しかし、上記の理由で施策の改善が出来ないため、思った成果が出ないケースもあります。

広告アカウントを乗り換える手順

乗り換える手順

Google!、Yahoo!、Facebookで乗り換える手順を説明します。

Googleの場合

アカウントIDを代理店に伝えるだけで引き継ぎできます。

Yahooの場合

別途新規のアカウントを作成し、出稿可能な状態で前代理店にアカウント停止をしてもらうという手順で乗り換えします。

乗り換え手順

  • 前代理店からアカウントIDをもらう
  • 登録状況をCSVデータで担当者に渡す
  • 新アカウントへ登録する

Facebookの場合

広告マネージャで、一つのアカウントから別のアカウントに広告をコピーします。

広告マネージャーを開き、広告のエキスポート元の広告アカウントを選択し、広告をエキスポートします。

Excelを開き、キャンペーンID、広告セットID、広告IDをクリアにし、新規の広告アカウントに、インポートします。

詳細は広告ヘルプセンターから確認できます。

乗り換える際の企業の不安要素

乗り換える際の企業の不安要素

乗り換えをする際に企業は下記のような悩みが出てくることもあります。

不安要素

  • データはリセットされるのか
  • リマーケティング/リターゲティングデータは引き継げるか
  • 管理画面を閲覧できるか

データはリセットされるのか

Googleはそのままアカウントを引き継げます。

Yahooは、CSVデータをダウンロードして引き継ぐことができます。

品質スコアは、アカウント設計を行えばリセットされても、すぐに改善されます。

リマーケティング/リターゲティングデータは引き継げるか

Googleは申請すれば、引き継ぎ可能です。

Yahooは、ターゲットリストにみであれば可能ですが、その他リストは、引き継ぎ出来ません。

乗り換えた代理店で新しく作り直す必要があります。

管理画面を閲覧できるか

管理画面を閲覧出来るかか出来ないかは代理店によって異なります。

弊社の場合は、きちんとクライアント様にアカウントを開示しています。

アカウント移行時に気をつけること

まとめ

アカウントのデータがリセットされると、最初の1〜2ヶ月は、数字が安定せず、減少することがあります。

数ヶ月間は、様子を見る必要があります。

また、現在の代理店に依頼している時に成果がよかった時の数字や以前に行った施策をきちんと残しておきましょう。

乗り換えは、完全に移行してからCVや広告文などを変更しましょう。

これに気をつけることで、乗り換え前と後の成果の違いや計測を確実に行うことが出来ます。

乗り換えをご検討の方へ

乗り換えをご検討の方へ

リスティング広告を他社代理店へ委託されていて、乗り換えをご検討の方は、一度弊社GDTのリスティング広告専門コンサルタントにご相談ください。

こんなお悩みを解決します

  • 代理店に任せているが効果が出ない
  • もっと効果をアップしたい
  • 広告運用を出来る人材が社内にいない

上記のようなご要望をお持ちの方に、リスティング広告運用の乗り換えについてご案内いたします。

他社代理店との違いと弊社GDTを選ぶメリット

弊社GDTのリスティング広告代行と他社リスティング広告代理店の違いは、Webマーケティングを包括的に行っている点です。

リスティング広告運用以外に、コンテンツSEO、SNS運用、ランディングページ運用、サイト運用などリスティング広告以外の売り上げアップノウハウ事例を数多く持っており、その内容を提案できることが、弊社GDTのリスティング広告の強みであり、選んでいただくメリットです。

まとめ

乗り換える際の企業の不安要素

代理店を変えることで、成果をより挙げることは良い方法です。

弊社でも以前依頼していた代理店より、費用対効果が上がった事例は多くあります。

ぜひ乗り換えを検討している方は、この記事を参考にしてください。

この事業についてもっと詳しく知りたい方へ

リスティング広告運用支援のページへ

この記事を書いた人

GDT(編集部)

デジタルマーケティングやWebマーケティングに役立つ記事をご紹介します。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

GDTメルマガ購読
(無料)

GDTの更新情報や、ホットなニュースを毎週お届けします!

GDTのオススメ記事

  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク
  • リンク